アトピーは日々の生活の見直しで改善できるようになる

薬

体を暖める方法

悩む女性

冷え症は多くの人が抱える問題の一つであるといえます。特に女性が発症することが多く、冬などは手足が冷えて眠れないと悩んでいる人などは数多くいることでしょう。冷え症は単に手足が冷えてしまうというものではないのです。冷え症が原因で体の血行が悪くなり、不要な老廃物などを体の外に排出することができず、そこから様々な病にかかってしまうという恐れもあるのです。たかが冷え症といっても侮ることはできないのです。日々の取り組みや対策で冷え症に負けない体づくりをしていきましょう。冷え症に効果のある方法とはどのようなものがあるのでしょうか。冷え症を改善していく方法をご紹介していきます。

冷え症の改善方法で一つ目に挙げられるのが、体を暖めることです。特に朝は一番体内の水分が少なく、体温が下がってしまっています。そのため朝に暖かい白湯などを飲むと大変効果的です。失われた水分と体温を取り戻すために朝一番に白湯を飲むことは体温上昇を促してくれて、必要な水分も取り入れることができるのでとてもいい改善法であるといえます。白湯を飲むと胃や腸の中まで暖めることができます。胃腸の中まで温まることで胃腸の動きが活発になり、新陳代謝が上がって冷えにくい体へと変化していくのです。また、白湯が適切な理由は他にもあります。白湯はお湯を沸騰させたものなので余計な成分が含まれておらず、カロリーがありません。コーヒーや紅茶などを飲む人が多いですが、コーヒーなどに含まれているカフェインは血流を悪くしてしまう可能性があり、逆に体がひえてしまう傾向があるのです。そのため冷え症対策に適している飲み物は白湯なのです。白湯で体の体温を上げていきましょう。また冷え症の原因として挙げられるのが日々の食事です。食材には体を冷やしてしまう食材もあります。それらの食材を多く取っていると冷え症になってしまう可能性が高くなりますのでできるだけ取らないようにするといいでしょう。逆に体を暖める効果のある食材もあります。その基準はいくつかあるのでご紹介します。まずは小松菜やみかんなどの寒い時期に収穫される食材、そのほかりんごや玉ねぎなどの寒い地域で取れる食材や、そばやカボチャなどの色が濃い食材なども挙げられます。またエビやニラなど味の濃いものやにんじんやゴボウなどの地中に向かって伸びる食材も体を暖める効果があるのです。このような食材を日々積極的に取ることで冷え症対策になることでしょう。